「口臭」カテゴリーアーカイブ

気になる口臭の解消方法

年々、歳を重ねるごとに、口臭が気になり始めてきてます。
何故、そう思い始めてきたかと言うと、会社の上司達が話しかける時に、結構な臭いなので、http://www.safran-de-lectoure.com/
「もし自分自身も?!」と思い始めてきたのです。

・口臭の原因について
原因のひとつは加齢も影響もあると聞いたことあります。
それと、日頃の歯ブラシの方法にも影響があるとの事。
また、舌に付いている微量な菌の影響もあるそうです。

・子供の口臭の原因について
こちらも普段の歯ブラシ方法がキチンとされていないと、口内菌が繁殖する様です。

・口臭をチェックする方法
定期的に歯医者で歯の検査と共に、口臭の元も診て貰うのがベストだと思います。

・口臭が気になる場面や場所
仕事で大事な取り引きで先方とやり取りする時です。

・口臭を消すコツ
虫歯や舌の口内菌があるので、即席対処法としては、タブレットや口臭消すガムを噛んだりします。

・虫歯や歯周病と口臭の関係
歯周病になると、歯がぐらついてきて、虫歯を引き起こす原因になります。

・正しい歯磨きの方法
鉛筆・ペンを持つ様に、力を入れず、ゆっくり優しく磨くのが、歯には傷つかず、良いと歯医者の方に言われました。

・おすすめの歯ブラシ・歯磨き粉まとめ
こちらも市販の歯ブラシ、歯磨き粉で構わないようですが、歯ブラシに関しては、その人に合った歯ブラシがあるので、
歯医者にしていされた「硬さ・普通・柔らかい」を選んだ方が良いとのことです。

・サプリメントやガム(タブレット)の効果
サプリメントやガム・タブレット等は一時的な効果と伺ってます。
完璧に口臭が治る訳ではないので、口臭を完治するには、やはり歯医者で診て貰うのが一番効果あるかと思います。

口臭に悩む友人への対応

私の友人はストレスが多く、また長時間就労が基本のお仕事に就いています。

その友人が繁忙期の真っ只中に、たまたま予定が合ったため会いに行くと、暗い表情で肌荒れにもかなり悩まされているとのことでした。

中でも仕事の愚痴を聞きながら私が思ったのが、それまで全く気にならなかった友人の口臭がきついということでした。

その友人は綺麗好きなため、最初は他の匂いなのかな、と疑いましたが、テーブルを挟んでいても時々顔を背けたくなるほどでした。

状況から考えると、ストレス性の口臭であることは間違いありませんでした。

その時の私は、友人に伝えても傷つけることになるだろうし、なによりどんな言葉で伝えるべきかも分からなかったため、その日は友人に口臭のことは伝えずに別れました。

ちゅらトゥース

しばらく経ってその友人と再度会ったとき、前回気になった口臭がほとんど消えていることにすぐ気がつきました。

私が安心しつつ話をしていると、友人は鞄から口臭対策のスプレーを取り出し、明るい表情で以下の話を始めました。

以前から職場でとてもお世話になっている年上の女性Aさんが、自分の口臭が気になることを伝えてくれた。

口臭はストレスからくるものもあるから、歯磨きなどをきちんとしていても臭ってしまうこともある、

そしてお仕事で接客をする機会が多いため、対策をしたほうがよい、とAさんがすすめてくれた。

自分では全く気がつかなかったため、指摘してもらえてよかった、今はスプレーで臭いに気をつけている、とのことでした。

この話を聞いたとき、私は正直自分が恥ずかしくなりました。

友人の気持ちを一番に考えれば、きちんと言葉を選びながら口臭について伝えることが最善ですが、

中々言葉が思い浮かばずにあやふやにしてしまいました。

Aさんと友人はとても仲が良く、お仕事上でもお互いにかけがえのない存在だそうです。

だからこそ、Aさんは友人のためを思って伝えたのだと思います。

事実、友人は言いづらい口臭について伝えてくれて、とても感謝しているとのことでした。

口臭はデリケートな問題ですが、人と接する上では、放置してしまうと社会的信頼にも直結します。

伝えられる立場の人が、きちんと言葉を選びながら伝えることが大切であると感じました。

口臭ケアから自信のある自分に。

私が臭いケアをしているのは、口臭です。

ブレスマイルウォッシュの口コミと効果を暴露!最安値で購入可能な通販サイトもご紹介!

私は、ある時からパートナーから口臭が気になると言われ、改善しようと

思うようになりました。

まず、私がしたことは口臭の原因を掴むことです。

調べてみると、仕事のストレスや食習慣、口内環境など色々と出てきました。

私に当てはまっていると思ったのは、ストレスと口内環境です。

一つ目のストレスはとりあえず発散だなと思い、私が好きなカラオケや買い物で

ストレスの軽減を促すようにしました。

二つ目の口内環境は、歯の磨き方や磨き残し、舌の汚れなどに注目するようになりました。

歯の磨き方は、日頃から強く大雑把に磨いていたので、優しく、細かいところまで隅々磨くことを

意識するようにしました。それでも磨き残しはあるとのことだったので、糸ようじで歯と歯の間を

掃除するようにもしました。

また、舌を磨くことは全くしていなかったので、舌専用のブラシと歯磨き粉も購入して

歯を磨いた後に舌を磨くこともするようになりました。

それらのことをしてから、口臭が気になると言われることも少なくなりましたし、

もう一つの変化として歯も白くなった気がしています。

口臭を抑えたことによって、人と話すときに気にすることもなくなりましたし、

自分に自信が持てるようになりました。

引き続き、口臭ケアをして堂々と人前に出られるよう意識していきたいです。

口腔ケアは難しいけど大事

皆さんは高齢者の口臭防止と口腔ケアについて学んだ事がありますか?

アリートは販売店での市販なし…!

私は歯科医から入れ歯をしている高齢者の口腔ケア技術を学んだ事があります。

入れ歯なのに口臭?と思われるかも知れませんがそれだけ歯磨きケアはとても大切な事なのです。

歯茎に食べ物のかすが残ったままだと歯肉炎や口臭の原因になるだけでなく誤嚥性肺炎の発症リスクが高くなるとの説明を受けた事もあります。

我が家ではどんなやり方をしているかと言うと夕食後に本人の意志で上下の入れ歯を取らせたあとにスポンジ付きブラシと歯磨き粉を利用して歯茎磨きをさせたあと嗽もさせています。

入れ歯ケアについては毎日歯ブラシで磨いた後に洗浄剤につけて除菌しています(うちで使用しているのはポリデント)。

歯茎磨きをする事で本人も口臭だけでなく食べ物のつまりや粘つき感等がなくなっているみたいです。

これからも新しい知識を学びながら口臭予防を測って行きたいと思います。

歯ブラシやスポンジが使えない状態の体調の方にはリステリンやモンダミンなど液体タイプの歯磨き粉を利用するのもありだなと思います。

どんなやり方がいいのか分からない場合はかかりつけの歯科医に相談される事をオススメ致します。